健幸情報ひおき 筋ちゃん広場〜コロナに負けない心とからだをつくろう〜

筋ちゃん広場とは?

介護予防への効果が立証された、おもりを使った筋力体操「こけないからだ体操」を週1回、地元の公民館で実施します。高齢者が要介護状態にならず自立した日常生活を営めるように、自治会単位の住民主体で運営している事業です。
新型コロナの影響により、115自治会(107か所)のうち約9割(R3.11月末現在) の広場が実施しています。

筋ちゃん広場の各地域での立ち上げ状況棒グラフ

おもりバンドの写真

おもりバンド

1本200gのおもり棒が10本入ります。

10段階に調節可能で、体力や体調に合わせ無理のない体操ができます。

メニュー

  • 脳トレ
  • 準備運動
  • こけないからだ体操
  • 整理運動
  • 市民歌体操 など

6か月に1回の講座を参考に健口体操や脳トレの追加をしているところもあります♪

筋ちゃん広場の様子

歌をうたいながら、ゆっくりペースで実施します♪

コロナ禍で休止していて、1年半ぶりに再開したところも!

  • 筋ちゃんに参加することが健康づくりにつながっている。ここで集う時間を大切にしていきたい。
  • 久しぶりに再会し、体操はもちろん皆と会って話をする時間が楽しい♪

名札がついているおもりの写真

感染対策として、同じ物を同じ人が使えるようにおもりに名札をつけているところもあります。

各広場の参加者の声をご紹介

  • 特定健診の数値に改善がみられた。(70代 男性)
  • 健口体操をするようになって、むせることが減った。(70代 男性)
  • 姿勢が良くなり、歩くスピードが以前より速くなった。(80代 女性)
  • 他の人と話をすることでストレス発散になっている。(60~80代 女性)
  • 有料老人ホームに入居後も地域の方の協力を得て参加できています。変わらず皆さんと会えるのが楽しみです。(90代 女性)

こんな事もありました!

  • 今年の3月に乳がんの手術を行いました。手術後のリハビリが、音楽に合わせてゆっくり手を上げる等筋ちゃん広場と重なる部分もあり「筋ちゃん広場って本当に良いんだ!」と改めて実感し、リハビリにも前向きに取り組むことができました。3か月休みましたが、今は楽しく参加しています。(東市来 60代)
  • 今年の春に脳梗塞を発症し、入院しましたが9日で退院。筋ちゃん広場で筋肉を貯筋していたおかげで、リハビリがスムーズに行えました。リハビリの先生にも褒められて嬉しかったです。今は舌先の痺れが少しありますが、身体の麻痺は残らず筋ちゃん広場に復帰しています。今後は食事にも気をつけ、地域の人とも交流を保ちながら継続していきたいです。(伊集院 70代)

こけないからだ体操動画のQRコード

筋ちゃん広場で行っている「こけないからだ体操」の動画(リハビリ職のアドバイス付)をみることができます!

お問い合わせ

新規立ち上げをご希望の自治会は、以下へご相談ください。

地域包括支援センター

電話:099-248-9423