後期高齢者医療制度をご存じですか?

後期高齢者医療制度は、鹿児島県後期高齢者医療広域連合が保険者の役割を担い、日置市と役割を分担しながら運営している医療保険制度です。

令和4年度から、以下のとおり見直しが行われますので、ご留意ください。

医療費の窓口負担割合の見直しについて

見直しの趣旨

令和4年度以降、団塊の世代が75歳以上となり始め、医療費の増大が見込まれます。後期高齢者の医療費のうち窓口負担を除いて、約4割は現役世代の負担となっており、今後も拡大していく見通しとなっております。現役世代の負担を抑え、国民皆保険を未来につなぐために、令和4年10月1日から医療費の窓口負担割合が下記のとおり見直しが行われます。

同世帯に住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいる方

R4.9.30までの窓口負担割合:3割

R4.10.1からの窓口負担割合:3割

同世帯に住民税課税所得額が28万円以上の被保険者がいる方で、次の1または2に該当する方。
  1. 同世帯に被保険者が1人の場合
    「年金収入※1+その他の合計所得金額※2」が200万円以上
  2. 同世帯に被保険者が2人以上の場合
    「年金収入※1+その他の合計所得金額※2」が320万円以上

R4.9.30までの窓口負担割合:1割

R4.10.1からの窓口負担割合:2割

上記以外の方

R4.9.30までの窓口負担割合:1割

R4.10.1からの窓口負担割合:1割

※1「年金収入」には遺族年金や障害年金は含みません。
※2「その他の合計所得金額」とは事業収入や給与収入などから必要経費などを差し引いた後の金額のことです。

2割負担となる方への配慮措置について

令和4年10月1日の施行後、3年間(令和7年9月診療分まで)は、2割負担となる方について、1カ月の外来医療の窓口負担割合の増加に伴う負担増加額を3,000円までに抑えます(入院の医療費は対象外)。また、配慮措置の適用で払い戻しとなる方は、事前に登録されている高額療養費の口座へ払い戻されます。なお、高額療養費の振込口座が登録されていない方には、令和4年9月下旬に広域連合から申請書を郵送する予定です。

例:1か月の医療費が50,000円の場合

窓口負担割合1割のとき(5,000円)【1】
窓口負担割合2割のとき(10,000円)【2】
負担増(5,000円)【3(【1】-【2】)】
窓口負担増の上限(3,000円)【4】
払い戻しなど(2,000円)※【3】-【4】

※配慮措置:1カ月5,000円の負担増を3,000円までに抑えます。

保険証の交付について

例年、8月に保険証の更新を行っていますが、窓口負担割合の見直しが令和4年10月1日から実施されるため、次のとおり2回交付します。

  • 1回目:令和4年9月30日が有効期限の保険証を、令和4年7月下旬に郵送。
  • 2回目:令和5年7月31日が有効期限の保険証を、令和4年9月下旬に郵送。

令和4・5年度の保険料について

改定の趣旨

後期高齢者医療の保険料は、被保険者の皆さまの医療費の動向などを踏まえ、2年ごとに見直しをすることになっており、令和4・5年度の保険料を次のとおり改定することになりました。被保険者一人当たりの医療費は、年々増加しており、高齢化の進展とともに今後も増加することが見込まれています。保険料は、被保険者一人一人が安心して医療機関を受診するために必要なものです。ご理解くださいますようお願いします。

変更前(令和2・3年度)

均等割額:55,100円
所得割額:10.38%
年間負担限度額:64万円

変更後(令和4・5年度)

均等割額:56,900円
所得割額:10.88%
年間負担限度額:66万円

令和4年度の保険料の計算方法

被保険者個人ごとに、被保険者が等しく負担する「均等割額」と被保険者の前年所得に応じて負担する「所得割額」を合計した額になります。

均等割額
56,900円
所得割額
(前年の総所得金額等-基礎控除額)×10.88%
年間保険料
(限度額66万円)

所得が低い方への保険料の軽減措置について

世帯の所得状況に応じて下記のとおり均等割額が軽減されます。

同一世帯内の被保険者および世帯主の軽減判定対象所得金額の合計額(43万円※以下)
軽減後の均等割額

令和3年度:7割軽減 16,500円
令和4年度:7割軽減 17,000円

同一世帯内の被保険者および世帯主の軽減判定対象所得金額の合計額(43万円※+28.5万円以下)
軽減後の均等割額

令和3年度:5割軽減 27,500円
令和4年度:5割軽減 28,400円

同一世帯内の被保険者および世帯主の軽減判定対象所得金額の合計額(43万円※+52万円以下)
軽減後の均等割額

令和3年度:2割軽減 44,000円
令和4年度:2割軽減 45,500円

※給与所得者などの数が2人以上の場合は、【43万円+10万円×(給与所得者等の数-1)となります。】

被用者保険の被扶養者であった方に対する保険料の軽減措置について

後期高齢者医療の被保険者になる前日に被用者保険(協会けんぽ、健保組合、船員保険、共済組合など)の被用者保険であった方は、資格取得後2年を経過するまでの間に限り、均等割額が5割軽減されます。(所得割額は課されません。)

※国民健康保険、国民健康保険組合は対象となりません。
※所得が低い方への軽減措置にも該当する場合、軽減割合の大きい方が優先されます。

令和4年度の保険料は7月に決定し通知書にてお知らせする予定です。

医療費通知の発送時期について

医療費通知は、受診情報の確認をしていただくことを目的に送付しており、医療費控除の申告手続きで使用することができます。令和4年度より、医療費通知の発送時期・回数が以下のとおり変更になりますので、あらかじめご了承ください。

  • 第1回
    令和5年1月末発送(令和3年12月診療分~令和4年10月診療分)
  • 第2回
    令和5年3月末発送(令和4年11月診療分~令和4年12月診療分)
お問い合わせ先

本庁健康保険課後期高齢者医療係

電話:099-248-9421

東市来支所地域振興課健康保険係

電話:099-274-2113

日吉支所地域振興課健康保険係

電話:099-292-2113

吹上支所地域振興課健康保険係

電話:099-296-2113