森林を伐採するときは伐採届が必要です。 森林を伐採する場合は、個人所有の森林であっても伐採届の提出が必要です。

伐採届とは

森林の立木を伐採するときは農林水産課まで届け出が必要です。

  1. 立木を伐採するときは、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」
  2. 伐採が完了したときは、「伐採に係る森林の状況報告書」
  3. 造林が完了したときは「伐採後の造林に係る森林の状況報告書」

を提出することが森林法で義務づけれらています。

誰が提出するの?

森林所有者や立木を購入した方などです。

※立木を伐採する方と伐採後の造林を行う方が異なる場合は、連名で提出してください。

提出の時期はいつ?

  1. 伐採及び伐採後の造林の届出書:伐採を始める90日から30日前まで
  2. 伐採に係る森林の状況報告書:伐採を完了した日から30日以内
  3. 伐採後の造林に係る森林の状況報告書:造林を完了した日から30日以内(造林には天然更新も含まれます。)

※平成29年4月1日以降に提出された届出(①)については、伐採に係る森林の状況報告(②)が義務付けられています。

森林法の改正に伴って、伐採届の様式を変更します。詳細については、ホームページなどでお知らせします。

お問い合わせ先

農林水産課林務水産係

電話:099-273-8870