日置市文化協会うたごよみ 短歌 俳句 さつま狂句

短歌

日吉短歌会

頭垂れ黄金色した稲田にも
野分けは来り乱れ伏しおり

黒葛恵子

満潮の川をごうごうのぼり行く
地球なりゆき如何になるらん

谷川サダ

悲しみに一途なるごと夜の空を
鳴き渡りゆく声不如帰

堀苑美代子

しきなみ短歌会

若葉萌ゆ山の峰々見渡せば
命の息吹沸き立ちており

草原桐子

あちこちの山見渡せばうす黄緑
山をにぎわす椎の実の花

中村ハルエ

縁側に座椅子を出して花見する
にわか御馳走夫はにこやか

高橋アツ子

俳句

日吉町俳句会

紫陽花や里の古家を支えおり

野上政人

初夏来る若い娘の肌光る

橋本仁子

雨やみて一人一気に草を引く

横山映子

東市来奴草俳句会

蚊遣火の燻ぶる先に星キラリ

大塚美代子

棒踊り生家の庭にこひのぼり

上村久美子

ゆっくりと書と語ろう半夏生

柳田勝子

伊集院俳句会

田の神の広き背中を蝸牛

末廣多美子

陶苑の飛び石伝ひ縁さす

西別府千代子

前抱きのややの手足や風薫る

小浜十四子

さつま狂句

吹上さざなみ会

慣れん農業肥料が多わかで萎びれっ

池畑ミホ

萎ぶれたレタしゃ温り湯でシャキっなっ

松清奏華

生ったない真夏胡瓜あ萎びれっ

池上歌子

ゆすいん・どんこ会

悪餓鬼大変ぜ褒めたや真面目ちなっ

山口おかべ

大変ぜ火事全部ぺ飲ん込だ首里ん城

三窪もっ米

大変ぜこっ教師がいじめして見せっ

種子島ぼい

飯牟礼さつま狂句

政治家もやっぱい血筋ものを言っ

馬場茶恋児

はしとせん頭ん悪いた爺ん血筋

東中清流

通夜言どん飲んけ来たたろ遠え血筋

松尾凡苦楽