編集たいむ

甲子園のサイレンの音を聞くと、夏だな~と思います。私も数年前はあの場所を目指して頑張っていたなと懐かしくなったり…。今でも野球は続けていますが、炎天下の中で集中力を持続させることの大変さを痛感しています。私も炎天下の中でも力を発揮できるようエアコンを控えたり普段から工夫をしていました。その面を考えるとある種のプロのような気もします。

日置市では8月10日に平和事業の一環としてKKBのアナウンサーをお招きし、朗読シアターを行いました。スクリーンに画像を映し出し、朗読を行うことを予定していた私たちでしたが、KKBのかたがたは、想像を超える準備をされていました。やはりプロでした。効果音をつけ、読む速さと効果音のタイミングまで綿密な打ち合わせを行い、リハーサルの時点で鳥肌が立つほどでした。本番でも目に涙を浮かべながら朗読を聞いている参加者の姿もあり、平和の大切さを感じていただけたと思います。周知が足りず参加者が少なかったことが唯一の反省点です。

見てもらえる広報目指してさまざまなことに挑戦をしていますが周知するということはとても難しいことです。Youtubeなどを活用した動画やSNSを活用したイベント情報の更新頻度UPなど強化中ですので、ぜひフォローやお気に入り登録をしていただき、幅広く情報を入手していただければ幸いです!