住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けるために

「人生会議」という言葉をご存知ですか?

「人生会議」とは、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称であり、「もしもの時のために、自身が望む医療や介護について、前もって考え、繰り返し話し合い、共有する取り組み」のことです。

医者のイラスト.jpg

命の危機が迫った状態になると、約70%の方が医療や介護などを自分で決めたり、希望を人に伝えたりすることができなくなると言われています。

「大切なこと」を、「大切な人」に伝えよう!

自分らしい生活をするため、希望する医療や介護を受けるために、大切にしていることや望んでいることについて自ら考え、話し合うことを「人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)」といいます。「決める」ことが目的ではありません。何度も繰り返し考え、たくさんお話しすることで「自分らしい人生」についての想いがみえてきます。

自分が「何を考え、何を大切にしているのか。どのような価値観があるのか」を、あらかじめ話し、共有することが、今後の人生を「どう生きたいか」や「私らしく生きること」へつながっていきます。

人生会議の進め方.jpg

例えば、人生の最期に何が食べたいですか? そんな話からでもいいかも知れません。

ご飯が食べられなくなったら点滴くらいはして欲しいなぁ・・・でも、管とかはつけたくないから延命処置はしたくないなぁ・・・など、少し遠い未来について、年末や家族が集まる時などに語ってみませんか。

お問い合わせ先

日置市地域包括支援センター

電話番号:099-248-9423