日置市文化協会うたごよみ 短歌 俳句 さつま狂句

短歌

日吉短歌会

エリザベス世界の人に愛されて
笑顔投げかけ幕をとじ

谷川サダ

年重ね海外旅行に行けた今
自信繋げて充実の日々へ

鳩野トミ子

侵攻をやめないロシア人でなし
神も仏もない世界なり

甲斐克美

しきなみ短歌会

在りし日の気迫のプレーに魅せられて
テニスコートの夫との出会い

元吉まき子

もうすぐで三年引退するけれど
彼らを超えるこれが目標

西園拓也

夫の手に竹ヒゴ器用に絡みつき
篭の仕上がる一日の生業

伊東ユリ子

俳句

日吉町俳句会

野も山も月の光で満ち溢れ

大迫一弘

花野行く我が足取り軽きこと

米丸節子

独り居の縁から眺む名月よ

川畑秀子

東市来奴草俳句会

夕焼けに溶け込むトンボ宿はどこ

上村静好

赤とんぼ寡黙な故父の想ひ知る

末廣多美子

山一つ越えてひと村麦の秋

杉野豊子

伊集院俳句会

陽炎を踏みて槌振る工夫達

野上政人

花菖蒲小さき覚悟の検診車

犬童順子

朝顔の矯正きかぬ生き方も

木下広子

さつま狂句

吹上さざなみ会

只焼酎ち聞たや握いが飛で行たっ

入来院彦六

遅かろが女将の電話にゃ飛で行たっ

平田素麺

孫ん手が肩をトントン疲れも飛っ

前田一天

ゆすいん・どんこ会

一軒家見れば想め出し実家ん親

八木抜天

渋柿が鈴生ゆしちょい実家ん庭

平澤泰山

実家は空鼠と猫が運動会

門松ひとっ葉

飯牟礼さつま狂句

顔もじゃが言こっすいこっ似らん兄弟

上之園文人

妻け似らじ誠て不思議じゃ誰も美人

益満冗男

似らん云などけ捨てん俺が孫

馬場千貫